泥棒の侵入手口と防犯対策

 
ポイントこじ開け

侵入手口|こじ開け

現在もっとも多い侵入手口になって今後も多発すると思います。
窓種の中に片開窓やスベリ出窓と言った外側に面格子を取付けできない窓を狙ってこじ開けるシンプルな手口です。 この手口はガラスを破壊しないため防犯ガラス、防犯フィルムなどはまったく効果がありません。 数百万の費用をかけ防犯ガラスに全て交換し1ケ月後に被害にあった住まいもあります。
spaser
対策:
1.室内格子の取付け「オススメ」
2.面格子の取付け「少ししか開閉できなくなる」
3.補助錠の取付け「窓によってできる場合とできない場合がある」

 
ポイントサッシ外し

侵入手口|サッシ外し

もっも多く使用されている引違窓ですが、通常この窓から侵入する場合は、ガラスを三角割りや叩き割りで破壊するのですが、 最近ガラスを割らずに
サッシごと外して侵入している現場を多く見かけます。
強引なやり方ですが、やってみると意外と簡単で男性なら1分程度でサッシを外す事が出来ます。 この手口は、最近ペアガラスや防犯ガラスが普及している事で考えたのでしょうがガラスを割るより静かに侵入できます。
spaser
*ペアガラスは防犯効果は薄いと言われますが、ペアガラスでは三角割りは困難になります。
叩き割るしかありませんが音が出るためサッシ外しの方が理にかなっています。
対策:
1.外側のサッシを持ち上がらないようにサッシ枠上部にネオプレーンゴムなど貼る。

 
ポイント三角割り

侵入手口|三角割り

昔からある手口で、なるべく音をださずにガラスを割る技法でバールやカナヅチで叩くのではなくガラスとサッシ枠の隙間にドライバーを差込み テコの原理でガラスを折ると言ったものです。
spaser
対策:
1.補助錠を取付ける
2.防犯ガラスに入れ替える
3.防犯フィルムを貼る
4.窓シャッターを取付ける
5.ガラスアラームを取付ける

 
ポイント打ち破り

侵入手口|打ち破り

ハンマーやバール等で強引にガラスを叩き割るやり方で、音がでても周辺に聞かれない、もしくは気にしないような場所で良く見かけます。 通常は、工場や学校、幹線道路の近くといった場所で見かけたのですが、最近は静かな住宅街でも見かける事が多くなりました。 原因は、周辺の住まいに無関心な人が増えてきている。だと思います。

対策:
1.補助錠を取付ける
2.防犯ガラスに入れ替える
3.防犯フィルムを貼る
4.窓シャッターを取付ける
5.ガラスアラームを取付ける

 
ポイント焼き破り

侵入手口|焼き破り

ライターやカートリッチバーナーなどでガラスを熱して濡れタオルなどで一気に冷やす。 ガラスはかすかな音をたて割れます。ほとんど音がでません。
この手口では寝ている時に侵入されても気が付かない可能性が高いと思います。 泥棒は留守の時を狙うとは限りません。これからは空巣よりも強盗の方が増加していくと見ています。
対策:
1.補助錠を取付ける
2.防犯ガラスに入れ替える
3.窓シャッターを取付ける
4.外側にパッシングライトを取付けるのもいいですね。