防犯対策とは!?

 

代表取締役 斉藤明広

防犯対策とは、中でも住まいの防犯対策とは
近年、泥棒に限らず犯罪者の様子が変わってきた事は知るところだと思います。
外国人による犯罪が急増し、単独犯から複数犯へとグループ化、マニアック的で凶悪。
さらに、賢くターゲットの情報を収集し警察には中々捕まらない。
厄介な犯罪者が多くなりましたが、逆に防犯対策はやり易くなったと私は考えています。
念入りな下見をしてから行動し、逮捕されない。という事はリスクを把握し行動しているという事。
ならば防犯対策は犯罪者がリスクと認識する事を施す。リスクを上げればいい訳です。
問題なのは、泥棒から見てリスクとならなければいけない事です。
被害現場に行き被害者に話を聞くとこの場所から侵入されるとは思ってもいなかった。何故ですか?
隣の家から丸見えだから。。とよく聞きますが、隣の家から丸見えという事が泥棒にとってリスクと感じるならば 都内の住宅は被害に遭わない事になります。
都内で隣から見えないような広い敷地はそうはありませんからね。
防犯対策を考えていろいろしていたのに。。それは泥棒にとってリスクになっていない対策がよくあります。
住まいにリスクを作る。それが建物の防犯対策ですがリスクは建物や住んでいる人、家族、周辺の環境、仕事などによって変わってきます。
簡単に言うなら、うるさい場所の周辺なら少しの音ならリスクを冒すでしょうし、お金がありそうなら少しの
リスクは冒しても良いと考えるのはごく自然な事です。
防犯対策は侵入されない住まいを作るのではなく、泥棒が嫌がる家を作る事だと思います。
リスク作りは様々なので、一概にこれが良いとは言えませんが、一つ言える事は最大のリスクとは
自分自身にリスクを作る事がもっとも重要だという事です。
自分自身に防犯という意識がなければ、どんな事を施してもリスクは下がります。
日本人は海外に行く時、日本では考えいないほど気をつけるようですが、それでも日本人は防犯意識がなく最高のターゲットと言われています。
防犯対策に費用をかける前に、まず防犯意識を高く持つ事を心がけて下さい。
これからは、防犯意識を持っている人、防犯対策を正しくしている住まい、必ず差がでてきます。
真剣に防犯対策をしたい。そんな方々の手助けがしたい。と私は思っています。